一番苦労するのはWEB接続の設定

フィルタリングサービスの徹底化が望まれるWEBサイト管理

一番苦労するのはWEB接続の設定 パソコンの普及で利用価値の高い機能の一つがインターネット環境に設定するだけでWEBサイトの利用により職場や自宅に居ながらにして世界の情報にアクセスできること及びメール機能を利用することで一度に多数の相手と情報交換できることだと思われます。このように、WEBサイト利用のお蔭で業務、家庭のどちらでも自由に、かつ、迅速に大量の情報を交換することが可能になった結果、良くも悪くも社会の動きが極めて速くなってきました。このため、子供でも大人の社会の情報をたちどころに知ることができる時代なので、子供の成長面で必要な情報が知れて早く知識を吸収できるメリットがある反面で、未成年の段階で知ることが逆に悪影響を及ぼす恐れのある情報まで手に入るデメリットもあるわけです。

現実の社会では既にこの弊害の目立つ事例が多々発生していますが、5年ほど前に施行された青少年へのインターネット環境を安全なものにするフィルタリングサービスへの加入義務が十分に機能しているといえないためだと思います。この法律では小学生、中学生、高校生程度の分類で有害サイトと判断される情報をフィルタリングする機能を設定する義務が周囲の大人に課されているのですが、関心の高くない大人がいるだけでなく、それを承知の上で未成年者を商売の対象にしている大人のいることも確かなのです。利便性が高く、現在の経済、社会活動に必要不可欠となっているWEBサイトを国民が安心して利用するためにも未成年者へのフィルタリングサービスの徹底化が望まれるわけです。

Copyright (C)2022一番苦労するのはWEB接続の設定.All rights reserved.