一番苦労するのはWEB接続の設定

WiFiアクセスポイントでWEBの閲覧をするには

一番苦労するのはWEB接続の設定 WiFi接続ポイント、アクセスポイント、などといった言葉を耳にすることが多くなりました。WiFiとは無線LANのことで、その場所ではパソコンやタブレットさえあればWEB接続が可能になる、という意味です。外出先でも家にいるときと同じようにパソコンでWEBの閲覧ができれば便利ですので、WiFi可能になりました、などという宣伝文句を見ると、ついその場所にパソコンを持って行ってみようと思ってしまいます。しかしここには思わぬ落とし穴があります。別途契約していなければアクセスキーを教えてもらえない、というケースも多々あるからです。どのサービスにも加入していなければ、いくらパソコンを持っていても使うことはできません。どのようなWiFiポイントなのかを確認しておく必要があります。

WiFiアクセスポイントと謳われている場所でも二通りのパターンがあります。パソコンやタブレットさえ持っていれば、誰でもWEB接続ができるパターンと、もうひとつは特定のサービスに加入している人ならWEBに接続できる、というパターンです。前者の誰でも接続できる場所は、ホテルや図書館など公共性の強い場所であることが多いです。ホテルの場合はホテルがWiFiルーターを管理しているので、ホテルの宿泊客や利用客にはアクセスキーを解放している、というわけです。小さな飲食店など公共性の低い場所では、その店がルーターを管理しているのではなく、携帯電話会社や光回線業者が無線電波を流している場所に、たまたま飲食店がある、といった感じです。この場合は携帯電話会社や光回線業者にオプション費用を払っていなければアクセスできません。

Copyright (C)2022一番苦労するのはWEB接続の設定.All rights reserved.