一番苦労するのはWEB接続の設定

WEBデザインにおけるカラーリングの基礎知識

一番苦労するのはWEB接続の設定 WEBデザインにおいては、カラーリングがそのサイトについて最も強く印象を与える要素となっています。素敵なデザインを実現するためには、色についての知識と経験が必要になってきますが、ここでは、初心者にも簡単にできる同色系統のデザインを基調として、色が持つ特徴について解説します。ちなみに同色系統デザインとは、そのサイトあるいはページで基本となる1色を選び、後は、その色の濃淡のみでデザインしていくという方法です。

青を基調として選ぶ場合、そのサイトは、信頼感や清潔感、クールさなどをアピールすることができます。ビジネス系のデザインに適していると言えるでしょう。また海や青空のイメージも持って居ますので、リゾート等のイメージを演出するのにも向いていると言えます。中性色の緑は、ナチュラルさや癒し、あるいはエコなどをイメージさせ、視る人に安心感や調和、あるいは健康と言ったイメージを与えます。オレンジ系は、温かい印象や、柑橘系のフレッシュさ、そこから連想させる快活さなどをイメージさせる色です。

暖色系の赤は、目立つ色なので、警告や注意喚起等に向いています。情熱や刺激を表現する色ですが、そのまま使うと刺激的過ぎる場合が多いので、彩度や明度を調整して利用するのが良いでしょう。同じく暖色系の黄色は、太陽や向日葵といった、活発、元気なイメージを与えると共に、赤と同じく注意喚起などで利用されることが多い色です。サイトのイメージに合わせて色を選ぶだけで、かなりの演出効果がありますので、ぜひお試しください。

Copyright (C)2022一番苦労するのはWEB接続の設定.All rights reserved.