一番苦労するのはWEB接続の設定

WEBで同系色デザインをする際のポイント

一番苦労するのはWEB接続の設定 同じ系統の色でまとまった感じを演出することができるWEBデザイン方法が、同系色デザインです。比較的簡単にまとまりのあるデザインを作ることができるというメリットに加え、色が持つ印象を見る人に強くイメージさせることができるのがポイントです。ここでその基本を紹介します。同系色といっても、同じ色だけを使うということではありません。隣接する色にはコントラストを付けて、まったりとした印象にならないようにしましょう。

コントラストを付けることで、サイトにくっきりとした印象を付けることができます。また色の濃淡にしても、それぞれの色を、サイトあるはページ全体でどれくらいの面積に振り分けるかによっても印象が変わってきます。色が、ページの中で平均的にばらついている場合と、全体的に薄い色が配色されている中に1点だけ濃い色が置かれている場合とでは、見る人が向ける注意や受ける印象が全く変わってきます。バランスが大切なのが基本です。

同系色系統で陥りがちなのが、彩度の変化に気を配っていないために、全体的にぼんやりとした印象のサイトになりがちということです。それが目的で意識的にやっている分には問題ないのですが、そうでない場合は、いくらサイトを作っても、どれも同じような印象しかないというような事態に陥ってしまうかもしれません。ベースが低い彩度の中に、アクセントとして濃い彩度の画像やロゴを使ってみるなどして、メリハリをつけることで、しっかりとした印象を持たせることができるでしょう。

Copyright (C)2022一番苦労するのはWEB接続の設定.All rights reserved.